Nasty, Naughty…Moving Ones

投稿日: カテゴリー: 英語絵本
評価:
John Burningham
Red Fox

¥ 508

(2007-04-05)
コメント:邦題は「世界で一番おぞましい男の子」。ちょっとやんちゃなエドワルドはどんどん悪い子になっていきます。することなすこと裏目にでちゃう。こんな悪い子がたくさんいるように思います。読み聞かせている大人のこころに響くお話しです。

JUGEMテーマ:洋書多読

洋書多読図書館、Bonnie’s Bookshelf
館長、Bonnie です。

いえいえ、正体は教室のためと称して集めまくるコレクターなのでは、
と思う今日この頃。

今集めているのは John Burningham さんの絵本です。

 


 

今日は、Edwardo の本と、Borka が届きました。

Borka は羽根が生えていない Odd one です。
お母さんは心配してジャージの上着をあんでくれます。
でも、上着が邪魔で飛びも泳ぎもできない Borka は
家族たちが南へ飛び立つ日に生まれた沼地に取り残されるのです。
Borka は一人テムズ川沿いへと歩いてゆきます。
…..

Burningham さんの作品には、ちょっと悪い子、ちょっとはみだしっこ、
自己主張できなくて損をしている子、がたくさんでてきます。

そういえば、今まで好きだと思った本にはいつもだめな子たちがいました。

Holes, There’s a Boy in the Girl’s Bathroom (Luis Sachar),

The Kite Runner (Khaled hosseini)

The Werepuppy (Jacqueline Wilson)

Horrid Henry シリーズ (Francesca Simon)

主人公は悲しいぐらい不器用な子供たちです。
やんちゃを表す形容詞、Nasty とか、Naughty, Horrid, Horrible  
と呼ばれるのは
心がまっすぐすぎて小器用に生きられないからだと
本が教えてくれます。

だから彼らががんばるとき
Moving  (心を動かす)なお話しになるんですね。

ところで、Burningham ってスペルは覚えにくいです。

地名の Birmingham と似てるけど違います。
グーグると(グーグルで検索すると)、Burningham でヒットするのは
このバーニンガムさんだけです。

それに、このスペル、2つに割ると
Burning (燃えている) と Ham (ハム)
じゃないですか。

これってひょっとしてシャレからでたお名前?

 ぼく、鼻に嘘がつけへんだけやで。 Naughty とかいわんといてな。

Nasty, Naughty…Moving Ones” への2件のフィードバック

  1. いいですね~、John Burninghamさん
    好きです、彼の絵本。
    偶然にも我が子が先週「Avocado boy」をお借りして
    今週は「Hushbye」をお借りして来ました。
    (もしかして、Bonnieさんに勧められたのかしら?)
    ”Borka"も欲しいし、”Edward"も欲しいし、”Patrick"(←こちらもエドワードに劣らず、魅力的なタイトルですよね~)も欲しい!
    思わずAmazonに行ったら、以前から欲しかった「Cloudland」のハード版があるではないですかー!
    ずっとハード版が欲しくて、欲しくて・・・でもずっと品切れ(絶版?)中。半分あきらめていたところでした。
    思わず、ポチッ「あっ!」
    ごめんねBorka,Edward,Patrickー!
    私が買うまで絶版にならないでね。
    確か、「Borka」の初版は40年以上前。
    かなりいい年頃(?)のはずのJohn Burningham氏
    まだまだ元気に、執筆活動をして欲しいもんです。

  2. はい。Bonnieさんが、かなり強力に推してます!
    10月はレッスンでも使おうと考えております。
    私はお値段とスペースの制限からペーパーバックで購入していますが、どれもハードカバーでそろえたい内容ですね。
    今月はスカラも買ったのに、アマゾンでも買いまくり、そろそろ自重しなくてはなりませんが、いつかはハードカバーの表紙が見えるように堂々と並べてあげたいです!
    燃えてるハムさん、(あ、この名前の方ほかにもいっぱいおられました!) いつまでもがんばってくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です