日記

お墓参り


 

8月16日はお寺のお施餓鬼。

塔婆を回向していただいて、
住職の法話を聞き、
お墓参りをします。

もう40年以上、欠かさずに家族でおまいりします。


今年の法話は、

40過ぎたら親からいただいた顔や体も
自分の生き様を映す鏡となる

自分の話していることばがその人を作る

という二つの切り口から、

浄土宗は「南無阿弥陀仏」というお年仏を唱える宗派ですから、
お念仏を唱えている時、人は仏のような顔になるのでは?
という問いかけでした。

目的がお念仏の押し売りというわけではありません。
色々身近なたとえ話から、思わずわが身を振り返ります。

そういうお話を聞いて、今の自分を振り返る。

お盆は一年に一度、自分を正す機会だと、住職はおっしゃいました。

お施餓鬼がそのように機能しているから、
毎年惰性ではなく出かけていけるのだと思います。

お墓におまいりします。

最後に近所の 年輪の里 という公園内で、
お昼をいただきます。
今日は食事制限されている夫は、別メニュー。

そのすぐ横で、豪華な定食をいただいてしまいました。

7つの大罪(キリスト教でしたっけ?)の一つ

「大食」

またもや煩悩に負けてしまった。
ごめんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です