「やさしい英語をたくさん」 多読、多聴、で脳に英語のOSをインプットする英語・英会話教室

FAQ

Home > FAQ

庭のミー



FAQ =Flequently Asked Questions

(よくある質問)

その他ご質問はこちらまで




英会話か英語塾か、どちらなのですか?


  • どちらでもありません。どちらでもあります。
    「英会話」、「学校英語英語」という分け方が存在するのが
    日本の英語教育のおかしな点です。
    English Room では英語を英語で理解する力
    英語のOS)を育てることが中心にあります。
    教室は英語に触れる貴重な機会ですから、積極的に英語を使って
    応答や言い換えをします。
    この積み重ねが英語あたまを使った理解、発話の力を育てます。
    学校の成績が一番の動機付けとなる中学高校生には、
    学校英語の進度に合わせ、英語OS育成に結びつく方向での
    サポートを行います。




英語のOSとはどのようなものですか?


  • あなたは日本語をどのように理解していますか?

読んだり聞いたりした日本語を、何か違う言語におきかえて理解しますか? 
"My uncle had no friends to talk to." と聞けば、
「おじさんは可哀そうな人やったんや」、と思うのが英語脳です。
「ぼくのおじには話しかける友人がいなかった。」と訳して、
なぜならto talk toはfriendsを修飾する不定詞の形容詞的用法だから。
よし、不定詞は完璧。と満足してしまうのが点取り屋さんの反応です。

多読をするのに語数の記録は必要ですか?


  • ぜひ記録してください。

まず、こちらが多読を指導したり、自分で読む本のレベルを考えるとき、累積語数が大きな目安になります。
また語学力は勉強量に比例して伸びるものではなく、しばらく停滞状態が続いたのちに急に伸びるという過程を繰り返します。
このいわゆる「踊り場」状態は学習意欲を削ぐわけですが、累積語数は着実に増え続けます。累積後数の総計は最終的に力の伸びと比例します。目に見える成果として、ぜひ記録してください。

  • 多読に関する質問を、多読相談室にまとめました。どうぞご覧ください。


留学は必要ですか?無駄ですか?


  • 可能であれば海外へ行くべきです

言葉に触れる機会も断然多いし、語学以外にも得るものは大きいですから。 ただ海外へ行ったからといって、「いるだけで魔法にかかったように語学が上達する」ことはありません。
スポーツ選手を見ても、語学習得の成果は本人の意識の持ちようでずいぶん違いますよね。
日本にいても頑張る人は伸びます。日本で学べない人が海外で伸びるのは、刺激を受けることで意欲が出る、もしくは必要に迫られてがんばる、その結果ではないでしょうか。

  • 海外経験の有無で違いが出るのは、英語の質

日本にいると「正しい英語」にふれる機会は多いのですが普通の人が日常で使う「正しいとは限らない英語」はせいぜいDVDでしか聞けません。マイクを通さない英語を聴くには海外経験がいるようです。

6571visitors

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional