「やさしい英語をたくさん」 多読、多聴、で脳に英語のOSをインプットする英語・英会話教室

Book Club

Home > Book Club

多読をサポートする易しい英語の本が読めるブッククラブ

bonnie\'s bookshelf.png

こちらのページではSSS方式の多読・多聴について簡単に解説しました。多読・多聴用洋書の貸出ブッククラブの詳しいご案内は専用サイトがございます。下記バナーをクリックしてください。

ブッククラブ専用サイトへ

[smile] 多読を指導、応援します...SSS方式の多読とは

めざせ100万語でおなじみのSSS方式を基礎に,多読の指導、応援をしています。
まずは次の「3つのお約束」を守ってください。そしてひたすら読んでください。「すぐに身につく、苦労なく身につく」といったキャッチフレーズが流行る中、逆説的に思えるでしょう。でも、手早く結果だけを求めて失敗するのが世の常。なにより、自分が日本語を身につけた過程を思えば、これが自然だとわかっていただけるでしょう。
また育児に英語の読み聞かせを考えていらっしゃる方、子供は大人以上に絵で本を理解してくれます。 本は心の栄養。 日本語の本と混ぜて読んでも混乱する心配はありません。ぜひ始めてください!

-- 辞書は引かない

文の流れのなかで単語の意味を推測するのが大切。 (実は推測はとても高度な技術。だから絵で意味がわかるためにも、易しいレベルの本には絵がかかせません。) 
分からない語があるたびに辞書を引いていたのでは読書の楽しみも半減します。
どうしても気になる語のみ、引いてみましょう。

[wink] Bonnie's Case
しょっちゅう目にするfrown という言葉は、どうやら眉のあいだに縦じわがよったような表情らしい。英和辞典をみたら「しかめっ面をする」だった。この訳うまい!とうなりました。

--わからないところはとばす

わかるところをつなげて全体を理解する力をつけるためです。また、よく使う語、表現は多量に読むうちにだんだん気になってきますので、そのタイミングで辞書を見ても
いいでしょう。 きっと自分が思っていたような意味がのっていますよ。

--つまらなくなったらやめる

たくさん読むコツは、楽しむこと。もう1ページよみたくて夜更かししたこと、ありませんか? ほのぼの系からスリラー、ファンタジー、Bonnie's Bookshelfには、そんなあなたのわがままに応えるべく、今日も本が増殖中です。




[wink] Book Clubの本を読むには

  • English Roomの生徒さんは自由にBonnie's Bookshelfの本を借りることができます。
  • 英語教室生以外のかたは、会員になって本を読むことができます。詳しくはこちらへどうぞ。

本棚1と2本棚3と4、本棚7まであります




[bigsmile] 蔵書の分類方法

本の分類用語を簡単に説明しています。詳しい蔵書内容をご覧になりたい方は、各本棚のページへどうぞ。(別のサイトにて開きます)

グレーデッドリーダーズ Graded Readrs

英語学習者のためにレベル分けして書かれた本。75の基本語を中心に書かれた、1冊で500語
程度の本から、1冊30000語程度のペーパーバックなみの本まであります。

Oxford Wook Worms / Penguin Graded Readers / Cambridge English Readers /
Macmillan Graded Readers その他
本棚へ

レベルドリーダーズ Leveled Readers

英語圏の子供むけにレベル分けして書かれた絵本。 かわいいものがたくさんあります。
ただし学習者には見慣れない単語の出現率は高い。ペーパーバックを目指すにはこれらの本で
レベルを上げていくといいです。
本棚へ

絵本 Picture Books 

小さい時に読んだおなじみの絵本の原書や、数々の賞に輝いた絵本、CD付きの楽しい絵本
がそろっています。
本棚へ

ペーパーバック Paper Back

ハリー・ポッターシリーズをはじめ、ファンタジー、恋愛小説、映画の原書などがあります。


私がご紹介します

  • Bonnieよりのメッセージ

一冊1000語以内の、文字単価の高い本を特にたくさん揃えています。自立読書をめざして、ぜひご利用ください。

ページのトップへ

7089Visitors
a:7089 t:2 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional