Collector

投稿日: カテゴリー: 英語絵本
JUGEMテーマ:本の紹介

 

冷静に自分を見ると、コレクター癖があります。

「英語多読用の図書が3000冊!」が自慢の英語教室、
その数、実は芋ずる式にどんどん欲しくなるせいだと思います。

最近、David Mcphail の挿絵を集めています。


The Teddy Bear は作者がストーリー、絵の両方を手がけました。

とても大事にしていたくまのぬいぐるみをなくしてしまう少年、

自分を愛してくれる人の手を離れてしまったぬいぐるみは…。

お話しは意外な展開をみせます。

作者の優しい気持ちが、涙で薄めた水彩画のような画風に
ぴったりと合った美しい絵本。

「コレクターでよかった。」
と思わせてくれる絵本に出会うことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です