自分探し

投稿日: カテゴリー: 日記

最近ゴードンを庭で放し飼いにしています。
ペットとの付き合いの長い西洋では、綱につないで飼う事が、
虐待になると聞いたことがあります。

このごろ笑うことが増えたゴードン、
綱なしでもおりこうです。

Except…
人間のご飯時はスイッチが入って制御不能。
吾をなくします。



自由にしても、いたずらをするでもなく、
機嫌よくうろうろしています。

犬という生き物は服従することが苦痛ではありません。
むしろ序列がはっきりしていることに安心を覚えるそうです。

ゴードンも、自分の位置をよくわきまえています。
(多分、自分は娘とおばあちゃんの上、ぐらいに思っていそうですが。

勝手にハウスで寝ていることも多く、
自由でのさばることもありません。
大成功、と思います。

唐突ですが、私は「自分探し」と言う言葉に
違和感を覚えます。

若者が、(と言う時点で私は若くないと白状してしましました
「自分探し」という言葉を使うとき、
「自分の思っている自分を評価してくれる場所」探しのように思うのです。

他のどこかに、もっと自分を正当に評価してくれるところがある…。

きっと無いと思います。
人間は、自由の中で自分を見つけられないと思います。

自分を見るには、鏡が要ります。
言葉、行動、決まりごと、そんな他とのつながりの中で、
自分の姿が見えてくるのです。
過当評価、不当評価されている自分を、冷静に見ることができなければ、
自分はみつかりません。
どん詰まりの、逃げ場のない状況から、
苦しんで自分の道を探し、作ることで
自分の道ができるのです。

人間は犬ではありませんから、服従することに満足は覚えません。
覚えてはいけません。
今ある状況を無条件に受け入れ、自分をまるめこんではいけません。

でも、「自分探し」というかっこいい言葉を、
今を置き去りにして、
いつまでたっても手の届かない明日を
自分の生き場にする言い訳にしてはいけないのです。


年輪の里 今年も緑と青空がきれいでした。

今年は、今までと違った方向から、
戦争を振り返る番組をたくさん見ました。

「自分探し」などという贅沢など
望むすべもなく、
虫けらのように命を落とした人たちを見て、
強く思うことがありました。

また後日、ブログで言葉にしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です